そもそも、おりものとは何?

おりもので悩んでいる女性

女性とは切っても切れない関係である生理。
毎月やってくる生理はどこか煩わしく思ってしまうこともありますが、子宮やホルモンが正常に働いている証でもありますのでとても大切なものなのです。

 

生理と同じように、おりものもとても大切な役割を果たしています。
通常の場合、生理と関連しておりものも日々状態を変えていることをご存知でしたでしょうか。

 

オリモノの状態の変化

生理が終わった直後は、おりものの量が少なくなりサラッとした状態になります。
その後1週間くらいして排卵が行われる時期に差し掛かると、おりものの量が一気に増えて伸びるおりものが出るようになります。

 

これは精子を子宮に取り込みやすくするためだと言われています。
妊娠したい方は、伸びるおりものに注目してみて下さい。

 

排卵が終わると、おりものは水分が減ってどんどん粘性を増していきます。
量は多くありません。
そして生理予定日が近づくと、少しずつ量が増えてきます。

 

このように体内のホルモンの働きによって、おりものも様々な状態に変化しているのです。
おりものの基本的な役割は、子宮内へ細菌が侵入しないように阻止する・精子を運んで妊娠するための手助けをするということです。
おりものもとても重要な役割を果たしていることになります。

 

妊娠した時のオリモノの変化

妊娠するとおりものに変化はあるのでしょうか?
個人差はありますが、妊娠初期の段階でおりものが増えたという方が多いようです
これは受精や妊娠によって女性ホルモンが活性化されることによって起こる現象だと言われています。

 

おりものだけで妊娠しているかどうかを判断することは出来ませんが、通常ですと排卵が終わった頃からおりものの量は減っていくので、この時期にいつもより量が多い時には何らかの変化が起こっていると考えても良いと思います。
さらっとしたおりものが続いている場合、無理をしないで安静に過ごしましょう。

 

おりものは女性にとってとても大切なものです。
異常が無いかチェックする習慣をつけましょう。